切手の買取において保管は大切です

切手は、できるだけ状態を良くしておきたいものです。将来的に買取を検討しているなら、切手が痛みづらい状態するべきでしょう。

年数が経過すると、切手は傷んでしまう事もあります。水などが触れてしまいますと、切手の状態も悪くなりやすいですから、できるだけ湿気は避ける必要があります。

もちろん汚れも禁物です。

 

 

切手の傷みやダメージ、状態は、買取価格にも関わってきます。切手の状態が悪ければ、買取価格も安くなってしまうでしょう。

そのためには、普段からの切手の保管方法が大切なのです。適切な方法で保管しておけば、切手も痛みづらくなります。

切手のおすすめ保管方法

切手の保管において一番おすすめなのは、専用のケースで保管しておく事です。

やはり専用というだけあって、切手専用の保管ケースは、保管面で非常にうまく作られています。

ケースの中に入れておけば、切手は傷みづらくなりますから、切手を長期保管するのであれば、できれば専用ケースを買っておくと良いでしょう。

また、裏技としては、ジップ式で密閉できる袋に収納しておく方法もあります。ジップ式なら、切手が濡れてしまう事もありませんから、傷みづらくはなります。

その逆に、避けた方が良い方法もあります。例えば簡易的な箱などに、とりあえず切手を入れておく方法です。
箱の中は、必ずしも保管環境は良好とは限りません。湿気が多い場所に箱を置いておくと、切手が傷んでしまう事もあるので、注意が必要です。

久々に箱を開封してみたら、覚えのないシミがついていた…ということもあります。

切手の他において、やはり一番無難なのは、切手の保管専用ケースです。

価格が1,000円ほどする専用ケースもあり、初期コストは掛かりますが切手をあまり傷めたくないなら、一番おすすめです。

将来的な買取価格も下がりづらいですし、大切な切手を保管する際は、専用ケースの購入も検討してみると良いでしょう。