こんにちは~春の陽気に誘われて、ブログの更新です。

さて、切手の買取研究も惜しみなく行っている私・・・どうせ休みの日も暇なので・・・

で、切手の買取について原点に返って、ふと、素朴な疑問が。

切手買取業者と金券ショップで切手を売るの、どっちが良いの?

ということです。

結論からいうと、切手買取業者だと、どちらかというと古い切手の買取や、中国切手などの外国切手の買取が得意。

記念切手とか、沖縄切手とか。

切手買取業者は、基本「日常じゃ使わない(使えない)ような切手の買取」に最適かと。

金券ショップでは現行の普通切手や、近年発行された記念・特殊切手など、基本【現行で使用することの出来る切手】の買取が良さそうです。

あと、なるべくベーシックな図柄の切手が良さそう。金券ショップによっては、記念切手や特殊切手など「普通じゃない切手」の買取だと、買取のパーセンテージ(レートっていうそうです)が下がってしまうことがあるので。

昔の額面の切手や、外国の切手などは買取不可としている金券ショップも多いです。

 

切手買取業者と金券ショップのメリット、デメリット

切手買取業者でも、プレミア付の切手は時価ですが、現行の切手だと金券ショップのようにレートに当てはめて買取してくれます。

なので、「古い切手と新しい切手が混在している!」なんて場合は、切手買取業者に依頼した方がよさそうです。

あと、バラ切手の買取も、切手買取業者を推奨。

何故なら金券ショップでは”額面ごとの仕分け”を必須としているところがあり、もし守らないと買取金額から減額されてしまいます・・・!

なので切手の仕分けや整理が、とてもめんどくさいです。なのでバラ切手の場合、仕分けの必要ない切手買取業者の利用をおすすめです。

あと金券ショップだと、バラ切手とシート切手で買取価格も違ってくるところがあるので・・・

(シート切手だと再販しやすいので買取レートは高め、逆にバラ切手は再販しづらいので、買取レートは低め、など・・・)

 

個人的な利便性でいうと、切手買取業者の方に軍配はあがりますが・・・

切手の種類によって、どちらで買取してもらう方がいいのか分かれますね。